安倍総理が改憲に意欲を持っているということで賛成、反対様々な議論が起きていますね。
改憲といえばやっぱり9条が議論の中心になりそうです。

「憲法9条は変えるべきでない」田原総一朗氏が吠える理由 〈週刊朝日〉-朝日新聞出版|dot.(ドット)

上の記事では安倍総理は9条を変えないとなっています。恐らくその通りでしょう。

しかし9条の最大の問題点は第二項にあるわけで、こちらはいい加減変えなければならないでしょう。

色んな所で出てくるのでもはやお馴染みの9条はこんな感じです。
日本国憲法
第二章 戦争の放棄
第九条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
第二項 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
ちょっと見ただけでも第二項のおかしさは分かりますね。「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない」とありますが、既に日本は防衛のためとはいえ戦力を持っています。また「国の交戦権は、これを認めない」とありますが、交戦権という概念は日本独自のものである上にどういう権利なのかよく分かっていません。
交戦権 - Wikipedia
交戦権という言葉には、厳密な定義は存在しない。
でもまぁ一応戦争をする権利ということになるんだろうと思います。


さて、ここまでは前置きでこの9条第二項の最大の問題点は「前項の目的を達するため」という文にあります。
この文が入ることによって9条の一項と二項が繋がってしまっているのです。
9条を続けてわかりやすい日本語に直すと「一項に戦争を放棄すると書いてあるけど信用出来ないから軍隊は持つな」「戦争の放棄とか言ってるけど、そもそも日本にそんな権利与えないから」
という意味になります。

つまり一項の条文は日本人は守れないという前提になっているわけですね、戦争放棄の目的を達せられないと。そのために二項を足したと。
しかし、一項が守れないというなら二項も守れる保証がないのでこの「前項の目的を達するため」という文は自己矛盾をはらんでいます。
この論理で行くなら「第二項の目的を達するため」に第三項が必要になるでしょう。さらにその目的を達するために第四項……となってしまいます。

この憲法にあるまじき日本語としてのダメさが9条の最大の問題点なわけです。
「武力の不保持」という実態との乖離、「交戦権」という良く分からない概念とも合わせればこの第二項は憲法改正後も条文のダメな例として後世に語り継がれるでしょう。