担任、息子の入学式へ…県立高校教諭勤務先を欠席、教育長が異例の注意 (埼玉新聞) - Yahoo!ニュース

別にいいじゃん。

というより、有給休暇は労働者の権利(使役側の義務)であって、いつ取っても自由だしその理由も問われないことになってるんで、むしろそれを注意した教育長の方が批難されるべきじゃないんですかね?

やほ~はこの件でアンケートも取ってますが驚愕の結果が出てます。
担任が「息子の入学式」で欠席、どう思う? - Yahoo!ニュース 意識調査

ほぼ半数が「問題だとおもう」ですよ。
こういう結果が出るほうが問題だと思うのは僕だけでしょうか。

そもそも入学式なんてセレモニーでしか無いんだから生徒だって保護者だって行こうが行くまいがどっちでもいいと思うんですよ。皆さん入学式の思い出になにか特別な感情があるんですかね。僕は全然無いですよ。いま考えても必要ないとしか思わないです。
そりゃセレモニー好きな人が世の中多いのも知ってますんでやるのは全然構わないですよ。
ただどうせ生徒の出欠だって取らないんだから自由参加でいいと思うんですよね。

ところが先生だから律儀に職場の入学式に行くべきか自分の子供の入学式に行くべきか悩んじゃうんですよね。で、悩んだ末に子供の入学式に行くと批難されるっていう。
じゃあ、何だったら休んでいいんでしょう。お葬式とか結婚式ですかね。その基準はどうやって決めるんでしょう。
そんな入学式なんてどっちも行くのやめてディズニーランドにでも行ったらガラ空きで待たないでアトラクションに乗れて楽しいと思うんですけど。

まぁ、こういう話は脱社畜先生に聞いてみようと思って見てみるとさすが見逃しませんね。
教師は率先して「仕事よりプライベートを優先」する姿勢を見せるべき - 脱社畜ブログ

どうせリンク先読まないと思うので要約すると「教師なんてただでさえ重労働なのにこんなことで保護者にたたかれてこれじゃ精神病むわ」といったことが書いてあります。
先生も大変なんですね。

この先生は「弁明の機会が与えられていない」と言って記者会見して「悪意はなかったんです」と言ってちょっと泣けば「先生可哀想」「先生をいじめるな」みたいな世論が形成されて個人の問題にすべきではない、組織の問題だってことになって教育改革が行われて職場環境が良くなるという筋書きで行くといいと思います。

追記:こちらの記事も素晴らしかったです。僕もこれくらい書けるようになりたいなぁ。
埼玉県議の江野幸一さん、我が子の入学式出席のために勤務先の入学式を欠席した女性教諭を批判し賛同も集まる - 今日も得る物なし