殺人犯はそこにいる: 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件
殺人犯はそこにいる: 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件

本書はミステリー小説ではなく、取材から真犯人を突き止めた記者による渾身のルポルタージュです。

栃木県と群馬県に跨がるわずか10キロ圏内で起きた5件の少女誘拐事件。
犯人は捕まり無期懲役刑が確定し17年間投獄されていますが、5件目の事件が犯人逮捕後に起きていることをジャーナリストである著者は不審がります。警察ではこの事件は別件とされていたのです。
狭い範囲で起きた少女誘拐事件が同一犯の犯行でないとされたことに不自然さを感じた著者は一連の事件が全て同一犯であるという仮説から論理を組み立てていきます。
つまり「無期懲役刑を受けた受刑者は冤罪であり他に真犯人がいる」ということです。

結論を言えばこの仮説は正しく、逮捕された受刑者は冤罪でした。その根拠となったDNA鑑定を突き崩し無罪を勝ち取ります。

本書が圧巻なのはこの時点で著者は既に真犯人を突き止めており、接触していることです。
真犯人に事件を問いただし確信を得た著者は警察にその情報を提供します。
しかし警察が一向に逮捕に踏み切らず捜査を終了したことに愕然とします。

真犯人を逮捕しない警察の闇。それが本書の主題です。
なぜ冤罪が生まれるのか。なぜ真犯人を逮捕しないのか。警察・検察の行動原理は何なのか。正義ではないのか。
それが是正されない限りこれからも冤罪は生まれ続けるのです。
それは僕達が明日無実の罪で死刑判決を受けかねないということでもあります。
事実そういったことが行われていることは数々の冤罪事件で明らかでしょう。

小さな声に耳を傾けることを信条とする著者と組織の論理で動く警察。両者の齟齬は終始様々な壁となって現れます。
そして真犯人は今現在も逮捕されず普通に生活しているのです。少女たちのそばで、平然と。

これまで幾多の壁を乗り越えてきた著者はあきらめずに真犯人を追い詰めることを誓います。本書はその一環でもあるのです。

著者はなぜここまで出来るのか。

それは亡くなった被害者の声、遺族の声に真剣に耳を傾けるからです。小さき声に耳を傾け、翻弄されてきた遺族の思いが著者を突き動かします。
ルパン(本書での真犯人の呼称)、やったのはお前だな。
なぜ連れ去った。ここでお前は何をした。少女たちは最後に何と言ったのだ。それでもお前は、今なお堂々と街を歩けて幸せか。週末のパチンコは楽しいか。
なあ、夢に彼女たちは出てこないか?
お前には遺族の苦しみなど到底わかるまい。
(中略)
なぜ殺した。
ゆかりちゃんは今どこにいる。
私は、狂おしいほどにそれが知りたいのだ。
ルパンよ、お前に遺族のあの慟哭は届いたか。
お前がどこのどいつか、残念だが今はまだ書けない。
だが、お前の存在だけはここに書き残しておくから。
いいか、逃げ切れるなどと思うなよ。