ワールドカップで日本はグループリーグで最下位敗退してしまいました。
残念でしたが盛り上がったのでそこは良かったんじゃないでしょうか。
ワールドカップはこれからが本番ですが日本戦についての感想を書いておこうと思います。

・調整が上手く行っていなかったような気がする
全体的に選手の動きが重かったように感じましたね。
調子が良さそうだったのは内田と山口、吉田、あと大久保くらいでしょうか。
気候などの問題もあるんでしょうがキャンプ地やスケジュールなどでミスがあったのかもしれません。
第3戦目のコロンビア戦前に休養があったのはそういった事情もあったのかもしれません。
ただ、これは日本に限らず他のチームにも結構見られました。赤道に近い地域ということで難しいところがあるのかもしれません。これまで南米でヨーロッパのチームが優勝していないというのも偶然ではないと思います。

・采配に疑問

よく言われているように采配には意図がよくわからないものがありました。
1戦目のコートジボワール戦ではリードしている場面で調子の悪い方ではなかった長谷部を下げて遠藤を投入したり、調子が良いとはいえチームに合っているとは思えない大久保を馴染んでいる柿谷に優先して入れたりなど状況を見ての判断だとは思えない感じを受けました。
特に批判されているパワープレイについては僕の個人的意見としては仕方がないかなと思いました。
前線の選手が余り調子良くなく、攻撃の手詰まり感が強かったのでギャンブルに出るという考えはあったと思います。

2戦目のギリシャ戦も納得がいかないところがありました。
勝ちに行く試合で遠藤と香川を外してきたことです。
後半に投入されましたがギリシャが守りに入ってスペースがない状態での香川は余り効果的ではなかったと思います。前半から使って欲しかったですね。
それから3戦通じてですが、チームに合っていない大久保を優先して使い続けたのは良く分かりませんでした。調子が良いのは分かりますが1人で何かできるような大会ではないのでやはりチームに馴染んでいる選手を優先して欲しかったです。
結局この試合も攻め手が無くなりパワープレイになりました。
選手の交代枠を1つ残したことについて批判されてますがこれは有りかなと思います。
もし点が入った場合、その時点で選手交代すれば試合を決めることが出来るからです。
逆に攻撃の選手を誰か入れたとしても打開できるかどうかは期待薄だったと思います。

3戦目の采配も理解できないものでした。
先発はいいとしても点を取りに行く場面で交代が青山に変えて山口、岡崎・香川に変えて清武・柿谷を投入しています。なぜ長谷部を残す必要があったのかよく分かりませんでした。
本田を一枚下げて攻撃の選手は残しておいたほうが良かったと思います。
この試合は格上相手に勝ちにいかなければならない試合なので大敗は仕方ないですが、勝てる可能性が見えませんでした。


・研究されていた
全試合を通じてですが日本の戦い方は研究されていてやりたいことをさせてもらえませんでした。
当然といえば当然ですが、そういった場合の打開策が無かったのは残念です。
特にギリシャが前半バイタルを露骨に開けていたのは印象的でした。
日本はサイドから崩すのが得意なのでサイドに人数を割いていました。
それからクロスに対してはニアに走りこんでくるのが分かっているのでニアに壁を作っていました。
だからといってバイタルを開けるのは怖くてなかなか出来ないものです。
ミドルシュートが無い日本相手だから出来たことだろうと思います。
また真ん中から攻撃させてそこでボールを奪えばカウンターがし易いという理由もあったでしょう。
相手は相手でリスクをとっているわけです。逆にギリシャが10人になってからは守りを徹底されて日本は攻めあぐねてしまいました。

・勝てないのが普通

今大会でアジア勢はここまで11戦して0勝8敗3引き分けです。
この地域差はいかんともしがたいものがあります。
前回大会日本はグループリーグを2位で抜けることが出来ましたが、あの時は直前に守備的な布陣に大きく変えてハマった上に敵に対策されなかったことやカメルーンが敵失したこと、デンマーク戦でフリーキックが2本入る(僕はあの試合以外に見たことがありません)というラッキーがあったこと、高地でのキャンプが功を奏したなど好条件が揃いました。
あの時はあくまでサプライズであり南アフリカ大会の時のほうが今の日本代表より強かったとは思いません。
言い方を変えればラッキーがあれば日本はグループリーグを突破できるしそうでなければ難しい、そういう位置にいるんだと考えられます。
だとすればやはり采配は間違えないということが大前提になると思います。

・大会のレベルが上がっている
今大会は全体的なレベルが上がっているなと感じました。
特に基本的な部分、止めて蹴ることと体の使い方で差があると思いました。
以前は前線からの守備というのが効果的でしたが今大会ではどのチームも獲りどころがなく、クリアボールも繋いでくるなどますます隙が無くなってきています。
そんな中ミスパスを連発した日本が負けてしまうのは仕方がないと思います。
こうした差を埋めるのは一朝一夕には行かないのでまだまだ時間がかかるでしょう。


・まとめ
今大会で日本代表の選手の多くが「自分たちのサッカーをする」と言っていたのが印象的でした。
サッカーではこの台詞は通常、力の差がある格上が使う言葉です。
戦術が先鋭化された現在では相対化して相手の穴を突かなければ強いチームも勝てないからです。その意味で監督の役割というのはかなり重要です。
結果としては選手たちのこの台詞は言葉だけでなく実際に相手の研究をそれほどしていなかったと思わざるを得ません。
もちろん全くしていなかったということはありえませんが、相手によって戦い方を変えたのではなく場当たり的にやっていたようにしか見えなかったからです。
もちろん選手がやりたいサッカーが出来れば満足だというなら見ているだけの僕たちは何も言うことはありませんが、勝つという事にこだわるなら物足りなく感じてしまいます。
その辺の矛盾が今大会の日本代表を見ていて一番腑に落ちませんでした。

毎大会そうなんですが、監督が大会直前や大会中に日和ってしまうのは何故なんでしょう。
それだけ重圧がある大会だということなんでしょうか。
僕は今でもザッケローニ監督は良い監督だと思っていますが、次はそういう事のないワールドカップで実績のある監督にして欲しいと思います。
その方が選手も納得が行くのではないでしょうか。