このブログは震災を期に始めたようなものなのでちょいちょいその話を書いてます。

今中国産鶏肉工場で古い肉を混入していたことが問題になっています。
僕も先日発覚直前にファミマのガーリックナゲットを食べたので正直困惑しております。

中国製ナゲット、期限切れ鶏肉使用か マックとファミマ販売中止

僕個人的にはそういうのは余り気にしないというかリスクを知っていて食べてるんでショックはそれほどないんですよ。
このガーリックナゲットを買った時に一緒にいた人には「食べないほうがいいよ」と言いつつ自分はもりもり食ってましたし、BSEの時なんて牛肉もりもり食ってたら泣かれる勢いで本気で止められましたからね。当然原発事故の時なんて普段そんなに食わないのにここぞとばかりに茨城県産もりもりですよ。

しかし、社会的にはそういうわけにもいかないでしょう。
ベネッセの社長兼、マクドナルドの会長でもある原田氏が華麗な謝罪コンボを決めるんじゃないかと話題になってますが社会的な責任は当然あるわけです。

ところが問題が起きた当の中国ではそういう感じでもないんですね。

食肉保存期限偽装 「人が死ななきゃ大丈夫」という食の安全基準、どうすれば改まるか=中国メディア (サーチナ) - Yahoo!ニュース

もちろん日本でも食の問題というのは多くあるわけですが、その安全基準というのは広く共有されています。
しかし中国ではまだその段階まで行っていないので、工場単位では安全性が図れても個人単位ではなかなか難しいのだろうと思います。

ところでですね、この「死ななければいい」というのは当然それでは困るわけなんですけれども実際としては健康被害すら今のところ出ていません。実害は全く無いわけです。
BSEの時もそうでした誰一人として死ぬどころか病気にもなっていなかった(疑いはあった)のに国を挙げて大騒ぎしてました。
もちろんそれを否定したいわけではありません。何かあってからでは遅いから安全基準があるし、人々は心配するわけです。

で、ここから原発事故の話なんですが、上の「死ななければいい」という話が原発事故における「放射能では誰も死んでいない」にオーバーラップしてくるんですよね。
放射能の影響が今後出てくるのか来ないのかよく分かりませんけれどもいずれにしても「死ななければいい」という話ではないわけです。
それなのに何故かこの件では結構まかり通ってるんですよね。
誰も死んでいないから原発を動かしても大丈夫。がんの発症率に有意差は無い。そういう感じでです。

個人的には間接的に多くの人が亡くなっている(もしくは生まれてこなかった)と思っていますが、それは置いておいて、原発事故は人が死んでいなくても既に甚大な被害をもたらしています。鼻血が出るとか出ないとかで騒いでる場合ではありません。
未だに避難者が大勢いますし、農作物の問題も漁業の問題もあります。除染で膨大な費用がかかりますし、電気料金も上がりました。そもそも事故処理自体がこれからであり、それまでに数万人の作業員が危険にさらされることになります。

食の安全と同じように本来はそういうことが起こらないように安全基準があったんですね。
しかし残念ながらうまく機能しませんでした。
そこで新しく原子力安全委員会が作られ安全基準もできたんですが、この基準だと事実上原発の稼働は不可能です。理由ははっきりしていて日本の国土が原発を使うのに全く適していないからです。

今九州の川内原発を稼働するかどうかが焦点になっています。
川内をせんだいと読むのは「男はつらいよ」で知ったんですが、それは置いておいて、川内原発の周りは火山だらけです。
地震や津波は一応の対策は立てられるのですが、火山の噴火はまず無理です。
雲仙の火砕流を覚えている人も多いと思いますが、逃げる以外に方法はありません。
「雲仙」を昔は「温泉」と表記していたのは今知りました。
でそんな場所にある原発を再稼働するためにはどうすればいいか。
噴火が起こらないと想定するわけです。
変わって無いなぁと感じてしまいます。
なぜ敢えてそんな場所にある原発から再稼働するのかと思うんですが、そこはやはり地域柄反対が少ないということと九州電力(笑)だからということになるんでしょうか。
当然事故の際の批難計画も作られていません。
僕個人としては原発の再稼働にはそれほど反対というわけでは無いのですが、やり方が稚拙で住民の方を見ておらず納得感がまるで無いのがとても賛成出来ないところです。

確かに原発事故は旧式の施設でたまたま起きた大地震と津波によって起こってしまったのであり、今後2度と起きないかもしれません。もし起きたとしても誰も死なないかもしれません。
そうだったとしても性急に原発を動かすべきだとは思えません。安全基準がそこだと困るわけです。

なぜなら今が震災後の時代で多くの人がより安全を求めており、僕が知るかぎり「死ななければいい」と考えて生きている人など1人もいないからです。
食と同じくらい大事な問題なので真面目にやって欲しいと思います。